居場所はありますか?

カラフルの利用者さんは、利用を開始されてから数カ月たつと、当初の緊張や不安が和らぎ、最初に来られた時と比較すると、自分の素が出せるようになったり、顔が明るくなったり、よくお話をするようになる等、見違えるようになります。

利用者さん自身が実感していること

先日、朝礼時に当番さんが「カラフルに来てから、自分が変わったなぁと思った事はなんですか?」とみんなに質問を投げかけました。

利用者さんからは、「朝、自分で起きる事ができるようになった」「バスで一人でカラフルまで来れるようになった」「人とコミュニケーションをとれるようになった」「心から笑えるようになった」等々の発言が出てきました。

私が思っているように利用者さん本人も変化があることを実感出来ていました。

どうして変わったのかな?

カラフルはみんなの「居場所」だと思います。ありのままの自分を受け入れてくれる環境があります。家族と過ごす「家」という居場所もありますが、また別の居場所があると生きやすくなります。

それは何故か?

家族に見せる顔と他の人に見せる顔は違います。家でも仕事場でも趣味のサークルでも、その中で暗黙のうちに役割を求められます。例えば、仕事では上司・部下等の縦社会での役割、個人では仕事のスキルも求められます。サークル内だと、リーダー役、補佐役等の立場が作られます。それぞれの場所で自分のポジションが出来上がります。

それぞれの場所での役割を果たしながら生活していく中で、ずっと緊張している環境だと心身ともに疲れてしまいます。

どこか自分が「ホッ♡」と出来る場所が必要です。

カラフルに来てみたいなぁ~と思われた方は一度見学に来てみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です