カラフル・金沢で学んでいる衣食住について

将来、一人暮らしをする時や結婚をした時のために、家事全般のことを一通り自分で出来るようしたいものです。

生活をするということは、生活リズムやマナー、調理、体と住居の清潔を保つこと等、様々な事が関係してきます。

人が生活していくには、色々と自ら進んで動く必要があります。
家族に任せきりにせず、自分で家事をしてみると、慣れていないこともあり、コツも分からないので、時間と手間がかかることが分かります。

生活に必要な”衣食住”の動きについて考えてみましょう。

衣服について

まず、着る服を選ぶ時、季節、天気、気温、行く場所によって変わってきます。
外出先から家に帰って来て、衣服を洗濯する時、洗濯機でOKなのか、クリーニングをする必要があるのか確認する必要があります。
洗濯した衣服のたたみ方、タンスに収納することは出来ますか?衣服にアイロンをかけることは出来ますか?

食事について

食べ物によって、その人が作られていますから食事は大切なことです。食事をおろそかにしていると、疲れやすくなったり怒りっぽくなったりすることがあります。
どうやって食材を選ぶのか、何を食べるのか、どう調理し盛り付けるのか、おいしく食べるにはどうすればよいか等、食事一つにとっても考えることがたくさんあります。
また、食べた後の片付けもする必要がありますね。

住むことについて

毎朝、決まった時間にきちんと起きることが出来ていますか?
顔はいつ洗いますか?歯磨きはいつしますか?掃除はどうやってしますか?どのくらいの頻度で掃除をしますか?
お風呂は入りますか?シャワーだけですか?
お部屋に人を呼ぶことが出来ますか?住んでいる様子でその人の性格が分かるので気を付けたいところです。

”衣食住足りて礼節を知る”ということわざがあります。
衣服・食事・住環境が整ってこそ礼儀と節度が分かるというものです。

カラフル・金沢では、みんなと一緒に考え、話し合いながら自分の行動を振り返り、生活リズムを整えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です